最新登録店舗

カテゴリ:


「認知症改善レポート」無料メール講座
商品名
「認知症改善レポート」全10回無料メール講座
住所
全国メール対応
pick up!
「認知症改善レポート」全10回無料メール講座を実施中
商品詳細

当サイトでは、「認知症改善レポート」に関する無料メール講座を配信しています!

■「認知症改善レポート」全10回無料メール講座を実施中!

【当メール講座の概要】
◆認知症介護の必勝法
◆ツバメ返しより、オウム返し
◆認知症・こんな時どうする?
◆新しい人生が待ってます
など、盛りだくさんの内容でお伝えしていきます。

全10回無料メール講座のお申し込みは下記フォームよりお願い致します。

お名前    メールアドレス

         


※また、下記サイトでは、さらに詳しい認知症改善プログラムをご紹介しております。
 有料にはなりますが、ご興味があるお客様はぜひ御覧ください。


レット症候群とは、女児のみに起こる進行性の神経疾患で、知能や言語・運動能力が遅れ、常に手をもむような動作や、手をたたいたり、手を口に入れたりなどの動作を繰り返すことを特徴とします。

 女児出生率は1万から1万5000人に1人といわれ、生後6カ月から1年6カ月の頃に発症します。

 現在のところ原因は不明ですが、x染色体上に淡い連鎖が発見され、原因の解明に期待がもたれています。

 レット症候群の子供は、生まれてから6ケ月は、正常に発育するように見え、6~30カ月頃に病気だと判明し、手の機能が退行し、歩行の失行、精神の発達が遅滞し、年齢とともに、運動機能と精神がゆるやかに退行していく病気と言われています。

 レット症候群は、胎生期35週くらいに形成される脳神経系の一部がすでになんらかの阻害を受け、本来は、1才くらいまでに育つべきところが育たないと言われています。

 また、メラトニンというホルモンの分泌がないため、昼夜の区別がつかず、夜昼となく良く眠り、睡眠パターンが安定しにくい子供が多いのも特徴となっています。

 育つべき神経系が育たないため、ある時点から、体の成長に神経系の機能が追いつかず、機能的な退行が始まると考えられています。

 また、脳波異常(てんかん)と脊椎の側湾を伴う例が多く、学童期以降には、側湾を矯正する手術が必要な子供がいます。

 レット症候群の子供は、歩いたり筆談できる子供から、ほとんど動けない子供まで非常に幅の広い病気です。
パーキンソン病とは、手足のふるえ、筋肉の緊張、動作の鈍化、転びやすいといった運動に関する障害が現れ、体の動きが不自由になる病気。日本では難病(特定疾患)に指定されています。

パーキンソン病は、10~80歳代まで発症しますが、中年以降の発症が多く、高齢になるほど発症率は高くなります。

パーキンソン病の症状である、手足のふるえや筋肉の緊張など最初から全部の症状があるわけではありませんが、発症後数年経つと症状の大部分がみられるようになります。

パーキンソン病の原因はまだ解明されていませんが、何らかの理由で、脳の中脳にある黒質の神経細胞が減り、神経伝達物質ドーパミンが不足して運動障害を起こすと考えられています。

パーキンソン病は命に関わる病気ではありませんが、完治することは難しいとされています。しかし、薬物治療を受け、運動機能の低下を防ぐ運動を行っていれば、健康な人と変わらない生活をおくることは可能です。

なお、パーキンソン病の予防に、カフェインや水素入りの水がよいという説もあります。