ウォルトディズニーの約束

1964年のディズニー映画『メリー・ポピンズ』の製作背景を描いており、エマ・トンプソン、トム・ハンクス他が出演した2013年の映画。この映画の感想を伝える前に言っておきたいことそれは、私はウォルトディズニーが大好きだ。師、神と崇めている。ディズニーをこよなく愛するわたしがトムハンクス演じる彼をひとめ見たときに思ったこと。ウォルトさんだー!すごく特徴を掴んでいる、きっと彼の生前ってこんな風にしゃべりこんな風に笑ってこんな風に人を愛していたんだろうなって想像した。ウォルトディズニーがトムに降臨しちゃったのかと思った。それくらい・・素敵だった。ストーリーももちろんちゃんと見た。そしてP.L.トラヴァースを演じたエマ。彼女もまた物語を盛り上げる最高に演技派の女優さんだと思った。私なんて人間が映画を語れる立場にはないけれど、ディズニー大好きディズニーオタにこそこの映画を見てほしいと思う。そしたら今の数倍またウォルトディズニーが愛しくなるから 薬剤師求人 非公開情報ナビjp